結局、古いWindowsPCと、LinuxPCの両方を売って、新しくWindows10のPC(一台だけ)を新調しました。
実に快調ですな。 ただ、ものすごくたくさん、ファイルの整理とかインストール作業があったので、ようやくここ2~3日で完了しましたが・・・・。

ドスパラに持っていったら、事実上、じゃんぱらで買い取りはやっている・・・と言われてじゃんぱらへ行ったのが想定外だったものの、全然問題なしでしたよ。 

今までやってきて、成果はゼロ。

というか、人生の目的にも関わるのだが、PCやソフトをいじるのが好きとか趣味とかな人以外、こういうことを追及するのは人生の時間のムダ。 

なので、時間をカネで買うという方法が有力かも。 

具体的には、まだ一案だが・・・

1. 安いWindows10のPCの完成品を買う。そのPCは、
・ ソフトウェアやプログラミング関係や、普段のネットサーフィン用PCとする。
・ 仕事や重要な活動や仕事用メールには使わない。

2. やや高いWindows10のPCの完成品を買う。そのPCは、
・ 重要な活動や仕事用のPCとする。ネットは、限定したサイトにしかアクセスしない。
・ 仕事用メールのみメールを使い、重要度の低いメールは受信しない。

3. 今調子悪いWindows10のメインPCと、ついこの前作ったLinux自作PCは、ハードが陳腐化しないうちに、中古市場で売る

っていうのはどうだろう。
・・・・実は、既にメールアカウントは、重要なのとどうでもいいのとで分けてある。
もし、Linuxを勉強・使用するのなら、上記1の安いWindows10PCにDual Bootすればいいんじゃないだろうか。そうすれば廃棄の心配も無いし。こういうふうに、使用目的ごとにPCを分けるっていうのが、いいような気がする。

マニアな人を除いては、PCをOS毎やスペック毎に分けるなんて意味がない。あくまでも、使うのが目的なただの道具だから、 使用目的ごとにわけるのが自然かつ最もトラブルに合う確率が少なそうな気がする。

そして最終的には、時間のムダとストレスの両方を軽減する効果が高いことが期待される。 


・・・・・ しかし・・・これをやると、何が重要で何が重要でないか?っていうのと、2つのPCの間でデータをやり取りしたくなった時の手間・・・の問題が出てくるな~。・゚・(ノД`) あくまでも、一案ということで・・・w



(さらに追記)
 なんか、コンピュータなんてただの機械だから、そもそもハードとかソフトとかOSとか・・・そんなものに分けて考えるからいけないのでは??もしこれが家電であれば・・・・
こういう動作をする製品がもしあったら、ただの不良品。 
本当ならば、メーカーがリコールして無料で回収して新品交換すべき?なのだが、世の中の事情ではそうはなってないので、単に、壊れた掃除機を捨てて、新品に買い換える・・・っていうのと同じ扱いでいいんじゃないの?
で、その不良品が中古市場でカネになれば、それはそれでハッピー という発想で。www
そのほうが精神衛生上いいかもね。w 

なぜか、マウスポインタが原点に飛ぶ現象は一応収まっているが、勝手にスリープする現象は健在だ。
で、ウィルス感染の可能性?も視野に入れて少し調べてみた。

偽セキュリティソフト系のウイルスに感染した場合の駆除方法
PCがウイルスに感染5・・・【反省会】感染を未然に防ぐ方法の考察

こちらのサイト様、内容が濃すぎて、おお~~~・・と感心して読んでいたら、2ページ目の真ん中のほうに、イベントビューワーでイベントを見てみる記載があったので、なるほど~と思って自分でもやってみた。

その結果がこの2枚。
01

02

あああ これはなんか、ヤバいでしょう・・・このエラーの数が・・・・。

で、ちょうど、そう感じたときに、またまた勝手にスリープ現象が起きたので、スリープから起動させてイベントビューワーを再度見てみたのが上の画像。

DistributedCOM

Bonjour Service


がキーワードっぽいので、調べてみることにした。

--------------

DistributedCOMについては、こちらこちらこちらこちら
Bonjour Serviceについては、こちら
が参考になるので、いろいろ読んだ。

そこに書いてあることを読んでもらうとわかるけど、regeditを立ち上げていろいろアクセス許可とかの状態を調べてみる。そして、不明なアカウント s-1-15-3-1024ここも。という、ものすごく怪しい感じがするものの正体を調べてみる。どうやら、IEが動くときに必要な??変なブツらしい。ウィルスではないみたい。
そして、TrustedInstallerっていうのも。これは、WindowsUpdateで必要になるもので、これもウィルスではないみたい。RuntimeBrokerっていうのもあったが、これは、Windows8から始まった、いらない糞のような、ストアアプリのためのブツらしい。

 結論から言うと、DistributedCOMはRuntimeBrokerがらみで出る場合が多いみたいだし、Bonjour ServiceはAppleがiTunesをインストールしたときに、無駄な変なものを置いていったらしい。

--

あと、自分のイベントビューワーの管理イベントに限って言えば、どうも、

1. Bonjour Serviceエラーが複数発生する。
2. DistributedCOMエラーが複数発生する。
3. 「勝手にスリープ現象」が発生する。 

という関係性があるみたいだ。

なので、想像としては、Appleが勝手にインストールした、 Bonjour Serviceが何かエラーを引き起こし、それが原因で、なぜか、勝手にスリープ現象が発生する。のではないか?という疑惑が生じた。

なので、
1. iTunesをアンインストール。
2. Bonjour Serviceをアンインストール。
3. 再起動。
して、様子を見ることにした。

iTunesについては、こういう感じなので、既にとっくに無用の長物である。 

---

(追記)
この記事を書いてから、まだ1~2時間後、やはり「勝手にスリープ現象」発生。
また振り出しに戻った。 

なぜか今日は、Windows10のほうの、勝手スリープ現象・マウスカーソル飛び現象ともに、今のところ全く起きていない。

なので、この機会に、神経使う作業をいろいろとこなした。
SONARを久しぶりでいじって作業したり、動画を作ってaviutlでmp4変換などなど・・・

まだまだ油断は禁物だが、万一、このブログをマイクロソフトの人間が見て、バグを直した・・・のだとしたら、こういうサイトを作った願望が実現した・・・ということになるわけだが・・・

まあ、どう転んでも、無の境地で平常心でいろいろ日常の雑務をこなしてやるべきことを淡々と進めるのが肝要。 

今日は珍しく、まだ、Windows10が勝手にスリープする現象は起きていない。

しかし、数日前から、特に今日は・・・

マウスカーソルが勝手に原点方向に飛ぶという現象がひどい。

何かしていても、何もしてなくても、勝手に飛ぶ。 

これも、かなりのストレスよ。 やってみるとわかるけど・・・・
勿論、ノートPCではないし、マウスのプロパティとかいろいろ見てみたけどダメなのは言うまでも無いけど。

Linuxが不便なら、Macという解??もあるかも?だけど、お値段が倍以上wwwだからな~
しかも、1995年に、あまりに当時マックのOSが糞で、(さらにハードも糞だった)それでWindows95に必要に迫られて移行した・・・という過去があるから、あまりマックには行きたくないんですよね。

本当は、PCとは無縁の生活をするのがベストなんだけど・・・ 


・・・・と、この記事を書いて、投稿した瞬間に、勝手にスリープしたよ。w 
そしてカーソルが飛ぶのは起こりまくり。スリープ解除するときにもカーソル飛んだし・・・ 

Windows10とは対照的に、ちゃんと動作中は寝ないし、サスペンドにもできるけど、サスペンドから復帰できずにリセットor電源入れ直しするしかないという現象に遭遇。

なんか、頻繁にあるみたいな。

どいつもこいつもwwwだな。

当然ながら、Linuxだってたかがソフトだし、理想郷などないのは言うまでもないわけだが。(^^

--

どうやら今のところ、Windows10を完全に捨ててLinuxに移行するのは到底無理で、なんというか「非常食」のように使うというのが妥当な感触。

Windowsがバグがひどくて使えない間は、それは自然災害ではないけど災害みたいなものだから、一時的にLinuxに避難して、騒動が収まってからWindowsに戻る・・・っていう使い方が妥当な感じ。

PCを仕事や生活にあまり使っていない人ならば、その間は一切コンピュータはいじらない!っていうのが大正解なんだけど、そういうわけにも行かない場合、こういう非常食としてのLinuxっていうのが現実的には妥当な感じがする。
 

Linux上でwindowsが使えるという、wineをインストールしてみた。
で、まずは、amazonのkindle for windowsを動かしてみるという・・・ kindle-err
うーん。無念。残念ながらNGですね。またそのうち考えてみることにする。

-----

しかし、Dropboxは、インストールに成功。 
家のwindows10、サテライトオフィスのwindows10、家のUbuntu StudioのPCの3台と、スマホが、これで有機的にデータが結合できたことになる。 

結局、Ubuntu 16.04 LTSは、時々ネットにつながるものの、すぐに切れて不安定になり、実用にならないと判断し、Ubutu Studio 16.04.1 LTSをクリーンインストールしてみることにした。 (rufusで、isoイメージから、ブータブルUSBメモリを作るんですよ。(^^♪ )

まずは入れてみたところ。これを見てよ。Ubuntuよりもかっこいい、クール。・・・(^^)

最終的にはDTMとか音楽関係・映像関係・3DCG関係も関わるため、なおさらその方が将来性があっていい。
03

今日の朝、実は大発見をした。(^o^)
まず、せっかくUbuntu Studioにしたのに、実は、全然ネットにつながらないDNSエラー問題は改善が見られない。つまり、Ubuntu無印だけが悪いというわけではないみたい。それで、この画面の右上にある上下の矢印、↑↓のところ(赤で示したところ)をクリックすると、ネットワークの状態が見れるわけだが、そこで、Wired Connection1を選択してみると、ちゃんとこのように、Connection Establishedになる。しかし・・・なぜかすぐに、

02
04

このように、Disconnectedになってしまう。理由は不明。
そこで、それにもめげず、もう一回Wired Connection1を選択してみると、ちゃんとConnection Establishedになるけど、またDisconnectedになってしまう。それでもめげずにもう一回Wired Connection1を選択してみると、・・・・・というのを3回ほど繰り返すと、とりあえず、つながったままになるんだよな。

これは大発見。 で、こうしてつながっている状態の時に操作を行うと、全てのブラウザ関連・ソフトのアップデートやインストール関係の操作は正常に終了できる。

一旦データが流れだしてしまえば、この正常状態は持続するが、データの流れが中断して川の流れが途絶えると、なぜか自動的に接続が切れてしまう

つまり、これが、うまく行かなかった原因。

水道に例えると、windowsの場合、普通の家にある水道の蛇口のように、ひねれば水が出て、蛇口を締めるまでは開きっぱなし。しかしLinuxの場合、そのへんのスーパー銭湯とかスポーツクラブのシャワーのように、とりあえずは自動で水栓が閉まるのがデフォルト設定で、水を使ってる時だけは水栓が閉まらないで済むという設定になっているみたい・・・・。

理由は不明。でも事実としてそうなっている。もしかして、LinuxとかUnixの世界ってそういうのが不文律なのかな〜?知らないけど。w まあ解決したから理由なんてどうでもいい。

なので、このように、コマンドラインでちゃんとウィルス対策ソフトも入れた。

05
そして、ちゃんと日本語入力ができるように設定して、このブログも今、ちゃんとUbuntu Studioで書いてるんですよ。 ここの絵も、GIMPを入れて、それで切り貼りしたし。

ここまでくれば、実用の域に達したと言えるわけで、大正解。

山は超えた感じですよね。

その後、同じ操作を何回もやったら、なぜか最終的にchromeがインストールできた。
ちゃんとブックマークをWindows10で使っているchromeから引き継いでいるのでとても良い。・・・
はずなのだが、なぜか、数ヶ所は開けるけど、その先のURLが全然開けない。

またまたDNSが・・・とか、エラーが出る。

さらに、ターミナルでgksuとかやってみて、インストールしようにも、結局、

'jp.archive.ubuntu.com' を解決できませんでした 

と出てしまい、何もできない。

なので、いろいろ検索してみた。
1 2 3 4 5 6

しかし、これら全部やってみても、全然状況は変わらず。

またまたお得意の、世界で一人だけNG路線かな?? こういうのは実は得意だけどw

またまた今日も敗退。 

↑このページのトップヘ